2月コラム

『誰に出会うか』

 

 

 子どものみならず、大人にも人気の漫画『鬼滅の刃』

以前、そんなに面白いのであれば、一度、見てみようということで映画を見に行きました。

全く、予備知識が無かったのですが「子ども達が言ってたやつだな!」と興味深く見ていました。

ただ、映画ですべてを理解するのは無理で、結局コミックも全巻読むことになりました。

 

漫画を読んだ人に感想を聞いてみると、同じ漫画なのに心に響く箇所が違うのが面白いところ。

それぞれが体験してきたことや、今、置かれている状況から感じることがみんな違うのです。

 

私の感想は

柱(良い者)と鬼(悪者)

どちらも、元々は人間であり、他の人よりも何かしら優れた能力を持っている超人たち。

そんな超人達も心の弱さを持ち合わせており、辛い思いをしたり、自暴自棄になる時がある。

その時に出会った人の違いで、鬼になった者と、柱になった者がいる。

 

柱になった者も、出会う人が違っていれば鬼になっていたかもしれないし、鬼になった者も出会う人が違えば柱になっていたかもしれない。

 

「誰に出会うかが、決め手で、出会った人によって人生は大きく変わる。」と、出会う人の重要性を感じました。

 

 

私にも、自分の人生を振り返ってみるといくつかのターニングポイントがあります。

 

出会った人によって大きく人生が変わったこともあり、「あの人に出会っていなければ、今の自分はない」と思うことが、いくつかあります。

 

そのへんの話は長くなるので割愛しますが、誰にでも、そんな経験はあるのではないでしょうか。

 

 

 さて、私には「やりたいこと」があります。

 

逆上がりや逆立ちなど、何かに対し一生懸命頑張っている姿を見るのが大好きで、自分の応援や励ましが、誰かを元気にしたり、頑張るキッカケになった時に大きな喜びを感じます。

 

「自分と関わってくれた人に対して、少しでもいい影響を与えたい」

 

そう思って過ごしています。

 

 

今年のお正月

車のルームランプを消し忘れた為、車のバッテリーがあがり、ロードサービスを呼んで助けてもらいました。

 

その時、駆けつけてくださった方が

お正月休みで寒い中、本当は家でゆっくりしたいところなのに、とても親切で丁寧に対応してくれました。

 

本当に気持ちのいい対応だったので、御礼に缶コーヒーをプレゼントすることにしました。

 

最初は遠慮して受け取ってもらえなかったのですが、私の感じたことをそのままお伝えし、「丁寧に対応してもらえたことが、とても嬉しかったので御礼させてください。」

と伝えると、笑顔で受け取ってくださいました。

 

また、飛行機に乗った時にCAさんの対応が素晴らしく感じることがあったので、航空会社のサービスセンターに、その旨をメールで送ると、「当人に伝えておきます」と返事をいただきました。

 

ロードサービスの方やCAの方が

次の日、どの様に仕事に取り組まれるのか?を想像すると

「もっと喜んでもらえるよう、頑張ろう」と思ってくれる気がします。

 

そう考えると、「勇気を出して行動してみて良かった」と思うのです。

 

これからも、誰かの「頑張ろう」や「元気」に繋がる行動をしていきたいです。

 

 

 最後に、何故そんなことをしたいのか?

 

それは皆さんが、私に対して、たくさんして下さっているからです。

気にかけていただき、御礼を伝えてくださるおかげで、「頑張ってよかった」「次も頑張ろう」という活力に繋がります。

 

英語を知らない人が英語を話せないのと同じで、やってもらったことのない事は、人にしてあげることができないはず。

 

皆さんが気にかけてくださり、私が嬉しいと感じることができたから、私もそれを「誰かにしたい」と思うようになりました。

 

皆さんのおかげで、自分の周りが良くなる気がします。

ありがとうございます。

 

 

皆さんから受け取ったバトン

次に回し、その先で、またリレーが始まると、世の中が良くなる気がします。

 

そう考えると、「未来は明るい」そう感じるのは私だけでしょうか。

みんなで素敵な未来を作っていきたいですね。

 

 

 

舟木将人




前月コラム『2020年振り返り』